ダウン症などの障がいのある子どもを育てるご家庭へ2013年2月19日

子どもも親もみ~んなちがう 十人十色の子育て紹介

こんな時、はうれしかったなぁ赤ちゃんが生まれたことを友達にメールすることがどうしてもできないままで、1年以上の時間が経ってしまいました。無理に伝えようとすると後ろ向きなメールしか書けず、そのまま、それまでの友達とは疎遠になってしまい、さみしかったです。
 そんな時、勇気を出して参加した他の子育てグループで、うちの子の顔を見ても気にせず他のお母さんと同じように私に声をかけてもらえた時は、本当にうれしかったです。(ダウン症3歳女の母)

●・こんなひとこと、つらいかも・・
 ダウン症の子どもは平坦な顔立ちで、目が切れあがっているなどの特徴があるので「みんな顔にてるねぇー」と言われたり、通りすがりの人が顔を見て「あ、ダウンなんや~!」といきなり言われるのはやはりつらいです。(ダウン症2歳女の母)

 
 ダウン症の子どもの発達は、個人差もありますが身体的な面も知的な面も標準の2倍くらいの時間をかけてゆっくりと成長をしていきます。なので、「何か月?」と月例を聞かれるのがとてもイヤです。見た目は赤ちゃんなので、「2歳」と正直に答えると聞かれた方もびっくりされるし、気まずくなってしまいます。(ダウン症2歳女の母) 
[PR]

by soramame-fukafuka | 2013-03-18 14:06 | 今日のそらまめ